タイピング速度をあげれば年収が上がる

タイピング速度をあげれば年収が上がる

タイピング速度が早くなればなるほど、アウトプット量が増える。

1週間に45h働く。そのうち、タイピングを30hやっていると仮定する。 つまり、4.285h/day、タイピングを行う。 年単位だと、1564hタイピングを行う。

例えば、320文字数/m打つとすると19200文字数/1h打つ。

1年間だと30,028,800文字数である。

つまり、x × 60 × 1564という計算なので、1分あたりのタイピング文字数を1文字増やすだけでも、93840文字、およそ年単位で9万文字のアウトプット量を増やすことができるのである。

単純にアウトプットするものが確実にあり、1万文字あたりの記事を書くことで、収益が100,000とすると、900,000の利益を生み出せる可能性もある。 記事を書くごとに、バズれば指数関数的に一記事あたりの利益が伸び、100万以上の利益を出せる可能性がある。

このように、タイピング速度を鍛えることで、大きな利益をもたらす可能性がある。 年収を上げるためのスキルをつけるのであれば、タイピング速度を鍛えることも一つの手なのかもしれない。

Licensed under CC BY-NC-SA 4.0
comments powered by Disqus
Built with Hugo
Theme Stack designed by Jimmy